カイドウ 4月卯月手入れ
カイドウ
カイドウ

今回は、カイドウを紹介します。春の陽ざしをあびて枝いっぱいに花を咲かせるカイドウは、華やかな装いですが、一方、可愛らしさも持ち備えた花ではないでしょうか。長い花柄の先に少しうなだれて咲く花の風情は、可憐で美しいですね。


カイドウ

  

◆カイドウは、中国原産ですが、日本でも北海道南部から沖縄まで植栽されている耐寒、耐暑性に優れた、樹勢の強い花木です。高さ3〜7mになる落葉小高木で、4〜5月ごろ、紅色一重または半八重の径3〜5cmの花が散形状に長い花柄から下垂して咲きとても美しい。
みどり色が鮮やかで、やわらかな明るい葉は、互生し、長楕円形、長さ4〜9cmで、縁に細かい鋸歯があります。

◆花が八重咲きのヤエカイドウ、花が大輪で八重咲きのオオヤエカイドウ、枝垂れるシダレカイドウ、葉に白い斑が入るフイリカイドウがある。八重咲きは一重にくらべ一層華やかですが、一重の可憐さも、また素適です。カイドウは花がきれいなので、別名、ハナカイドウとも言われます。

◆カイドウは、盆栽仕立ての鉢植えが多く作られ、販売されている。 庭木として仕立てる場合は、単幹で高さ2〜2.5mの自然樹形がよい。カイドウは枝が広がる性質があり、花の美しさが十分に観賞できる仕立て方である。しかし、庭に広さが必要で狭い庭には向きません。
もう1つの仕立て方は、盆栽風仕立てである。庭が狭くても育成できます。

カイドウ「手入れのポイント」はこちら♪


  

◆当家のカイドウは盆栽風仕立てである。10年以上経つであろうか。ミニ盆栽を購入し、花を観賞した後、主庭の今の場所に地植えしたのが生長した。高さ1.7mほどに仕立て、ようやく笠が観賞できるようになった。開花直前の紅い蕾もまた素適ですね。
◆画像は、主庭・「サツキ丸作り」のなかのカイドウです。

 ハナカイドウ観てね♪
「サツキ丸作り」のなかのカイドウ
 
 カイドウ
風に揺れるカイドウの可憐な風情
カイドウ
満開のカイドウの花
  
  

◆[04年4月追伸]:
[今年もハナカイドウが咲きました!下記ページからご覧ください♪]
小庭の春の表情・ハナカイドウ特集

  
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO